好きな季節が終える

家の近くに大きな公園があります。
冬も、陽気のいいお日様には人懐っこいドリンクなどを持って、悠然としに行くことがあります。

最近は優しいお日様が増えてきましたが、いかんせん特有が強すぎますよね。
ビュービューと苦しいくらいに吹き荒ぶので、折れた小枝があちこちに落ちているほどだ。

この間も宅配帰りに公園に寄ったのですが、のんべんだらり出来るような状態ではなく、砂嵐が吹き荒れていましたよ。
わたしは花粉症用の色眼鏡を通じていたので未だに利口でしたが、道行く人々はまずまずまぶたも開けられないみたいでした。

そんなタイミングなので仕方がないですが、短く落ち着いた天気にならないかな~と待ち遠しいです。

ただ、優しいタイミングは大好きなのですが、一環だけ憂鬱なことがあります。

それは虫だ・・・
間もなく虫たちが続々と出て来るのかというといった、背筋がゾワゾワしてしまいます。
とにかくヒラヒラ飛ぶちょうちょ繋がり(あの粉々したところも嫌いだ)が苦手なので、公園に行こうも徒歩が遠退いてしまうんですよね。

ですから金字塔大好きなのは、冬の晴れた優しいお日様ですね。
なんとなくひんやり白々しい特有も、頬が引き締まるようで気持ちがいいですよ。
あんなタイミングが徐々に終わってしまうのが、どうも寂しい気分です。

蒲田 脱毛 予約